【VB.Net】文字列で表した数値をゼロパディングする方法

どうも!リョクちゃです。

今回は、文字列で表した数値を指定の桁数に満たない場合は、

満たない部分をゼロで埋める方法を例を交えて紹介していきます。

ゼロで埋めることを”ゼロパディング”と呼びます、詳しい解説は後ほど。

ちなみに前回はこちら、

VB.NetにはDictionaryと呼ばれる連想配列があります。配列とは異なり、"キー"と"値"をセットで管理することができる配列を連想配列といいます。今回は、例を交えてdictionaryの使い方を紹介しています。



ゼロパディングとは?

ゼロパディング(zero padding)又はゼロ埋めは、文字で数値を表す際に、書式で指定された桁数に満たない場合に、桁数をそろえるためゼロを付加することである。

出典:ゼロパディング-Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

と説明されています。

paddingには”詰める”や”埋める”といった意味があり、zero-paddingと書くことで、

ゼロ埋めと訳されます。

では、ゼロパディングがどんなところで使われるか、これについても解説します。

ゼロパディングはどんなとこで使われる?

例えば、アプリケーションの表示画面帳票などで数値を表現する場合や、

有効桁数をそろえる時なんかに使われます。

<有効桁数3桁の場合>

1.0 → 1.00

<整数値の1を左詰め0で3桁にしたい場合>

1 → 001

右ゼロ埋めの方法

右にゼロ埋めした形式で表したい場合には、

文字列変数.PadRight(“桁数”, “埋めたい文字”)

とすることで表すことができます。

今回はゼロパディングなので埋めたい文字には”0″とします

例として、下にいくつかコードを示します。

②の例では、PadRightの第1引数に+1をしている。

これは、文字列の小数点も桁数としてカウントされてしまうからです。

このため有効桁数を0埋めする場合は留意してください。



左ゼロ埋めの方法

左にゼロ埋めした形式で表したい場合には、

文字列変数.PadLeft(“桁数”, “埋めたい文字”)

とすることで表すことができます。

今回はゼロパディングなので埋めたい文字には”0″とします

例として、下にいくつかコードを示します。

まとめ

今回はVB.Netでゼロパディングの使い方や使用例を解説していきました。

右側0埋めの場合は、

文字列変数.PadRight(“桁数”, “埋めたい文字”)

左側0埋めの場合は、

文字列変数.PadLeft(“桁数”, “埋めたい文字”)

意外とゼロパディングは使う機会があると思うので、

これをきっかけに覚えてもらえたらなと思います。

ご覧いただきありがとうございます。

・こちらの書籍を参考にVB.Net勉強しています。

スポンサーリンク