【PowerShell】外部アプリケーションを呼び出してみよう~.exeを実行させる~

どうも!リョクちゃです。

今回は、PowerShellで外部アプリケーションを呼び出す方法を紹介していきます。

外部アプリケーションは例えば、自身で作成した.exeファイルや、

Pythonのスクリプトも該当しますね。

Windowsコマンドでも呼び出すことはできるのですが、

PowerShellでももちろん、呼び出すことができるので

ここで学んでしまいましょう。

ちなみに前回はこちら

現在の.NetFrameworkを知りたいときってありませんか?いろんな方法でバージョンを確認することはできますが、実はPowerShellでもできるとのことなので今回はPowerShellで確認する方法を紹介していきます。参考になれば嬉しいです。



PowerShellで外部アプリケーションを呼び出す

外部アプリケーションを呼び出すには、既にコマンドがサポートされており、

以下のコマンドを使用することで外部アプリケーションを呼び出すことができます。

Start-Process -FilePath <“アプリケーション名”>

Start-Processを使用することで、外部アプリケーションを呼び出すことが可能です。

例) メモ帳を開いてみます。

メモ帳はWindowsでは”notepad“という名称でインストールされています。

実行すると、メモ帳が開きます。

例えば、引数を渡したい場合もあると思います。

そんな時は、Start-Processコマンドのオプションに-ArgumentListというのがあります。

このオプションを設定することで外部アプリケーションに引数を渡すことができます。

他の呼び出し方

Start-Processで呼び出してもいいんですが、こちらで呼び出すと

外部アプリケーションが終了したときに返される終了コードを受け取ることができません。

そこで終了コードを受け取るには、以下の呼び出し方を検討してみましょう。

System.Diagnostics.ProcessStartInfo
System.Diagnostics.Process

これらを使って、外部アプリケーションを呼び出します。

例) 外部アプリケーションを呼び出す、一連の流れ

例) メモ帳を呼び出す流れ

実行すると、メモ帳が開き、何もせず終了すると

終了コード0が受け取れると思います。

まとめ

PowerShellで外部アプリケーションを呼び出す方法について、紹介していきました。

終了コードを受け取りたい場合には、Start-Processではなく、

System.Diagnostics.ProcessStartInfo

System.Diagnostics.Processを検討しましょう。

使い方を覚えるとPowerShellだけで外部アプリケーションを呼び出せるようになるので、

便利っちゃ便利です。

また、外部アプリケーションを呼んで処理を任せたいときなんかにも有効ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Windows PowerShell実践システム管理ガイド 第3版 マイクロソフト関連書

Windows PowerShell実践システム管理ガイド 第3版 マイクロソフト関連書

横田 秀之, 河野 憲義
3,971円(05/22 17:25時点)
発売日: 2017/10/20
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク