プログラム一覧

【VB.Net】データグリッドビューを使ってCSVファイルの内容を表示

データグリッドビューの簡単な使い方を、今回はCSVファイルを読み取ってデータテーブルに格納し、格納したデータテーブルをデータグリッドビューで表示できるようにといった例を交えて紹介しています。 データグリッドビューはアプリケーション上で扱うデータを可視化できることに利便性があります。

【VB.Net】設定ファイル(iniファイル)を読込む

iniファイルと呼ばれる設定ファイルについてVB.Netで読み取る方法を例を交えて紹介しています。読み込む前にiniファイルの作成から細かくわけて紹介しているので、全体をざっくりと知ってみたい方や読み込むとこだけ知りたい方どちらでもOKです。アプリケーションを作るうえで必要なスキルにもなりうるのでこれを機会に!

【VB.Net】データテーブルの使い方を学ぼう

データテーブル型と呼ばれるExcelの表もしくはデータベースを構築する際のテーブルをイメージした型がVB.Netにはあります。この型について例を交えて使い方を紹介しています。応用例では、CSVファイルを読み取ってデータテーブルに追加する方法も紹介しています。勉強初めの方に覚えていただければなと思います。

【Python勉強会】enumerate関数を覚えよう

Pythonにおけるenumerate関数の使い方を例を交えて紹介しています。enumerate関数は配列変数を引数に渡すことで(インデックス、要素)を返してくれる便利な関数です。ここで使い方を覚えて活用していただけたらなと思います。

【VB.Net】CSVファイルを読み込んでみる

CSVファイルを読み込む方法をWindowsフォームアプリケーションを作っていきながら紹介をしています。CSVファイルとは、CommaSeparatedValuesと呼ばれ、カンマで区切ったデータが出力されたファイルのことをいいます。

【VB.Net】テキストファイルを作成するやり方

テキストファイルを作成する方法を、フォーム上のボタンが押された後にテキストボックスに入力された文字を書き込むといった例を交えて紹介しています。プログラム上でファイルを作成する方法はいくつかありますが、その中でも一般的に使われているだろう方法を載せています。これをきっかけにイメージをつかんでいただけたらなと思います。

【VB.Net】ラベルやテキストに複数まとめて表示する

Form上に複数配置したラベルやテキストボックスに値をまとめて表示したいときの方法を紹介しています。あらかじめ決まっている値ならForm上に配置した各ラベルやテキストボックスのプロパティに設定しておけば問題ないですが、そうでない時の対処法などに活用していただければと思います。

スポンサーリンク