【VB.Net】データグリッドビューを使ってCSVファイルの内容を表示

どうも!リョクちゃです。

今回は、データグリッドビューといわれるアプリケーションで

表を作成し表示してくれるコントロールの使い方を例を交えて紹介していきます。

アプリケーション内で何らかのセンサから取得された値やテキストファイルから

読み取った値を可視化したいときなどに便利なコントロールになります。

ちなみに前回はこちら、

iniファイルと呼ばれる設定ファイルについてVB.Netで読み取る方法を例を交えて紹介しています。読み込む前にiniファイルの作成から細かくわけて紹介しているので、全体をざっくりと知ってみたい方や読み込むとこだけ知りたい方どちらでもOKです。アプリケーションを作るうえで必要なスキルにもなりうるのでこれを機会に!



データグリッドビューを使う準備

まず、データグリッドビューを使う準備を行っていきます。

VisualStudioを起動し、Windowsフォームアプリケーションで

新たなプロジェクトを作成します。

作成したプロジェクトのフォーム画面に、データグリッドビューを配置します。

配置ができたら、ボタンも配置しておきましょう。

下のようなフォーム画面ができていれば問題ありません。

データグリッドビューに表示するデータを作成

次はデータグリッドビューに表示するデータを用意します。

今回は、下のようなCSVファイルを作成し使っていきます。

sample.csv

作成したら、CSVファイルを追加しましょう。

追加する方法は、下図を参考に行っていきます。

エクスプローラでフォルダを開くをクリックしたら、新たにウィンドウが立ち上がります。

ウィンドウが立ち上がったら、作成したファイルをドラッグ&ドロップで追加します。

(下図参照)

データグリッドビューに追加する準備

CSVファイルの準備もできたので、まずはCSVファイルを読み取って

データテーブルに格納していきます。

CSVファイルやデータテーブルについては、以下の記事でまとめています。

データテーブルはこちら

データテーブル型と呼ばれるExcelの表もしくはデータベースを構築する際のテーブルをイメージした型がVB.Netにはあります。この型について例を交えて使い方を紹介しています。応用例では、CSVファイルを読み取ってデータテーブルに追加する方法も紹介しています。勉強初めの方に覚えていただければなと思います。

CSVファイルはこちら

CSVファイルを読み込む方法をWindowsフォームアプリケーションを作っていきながら紹介をしています。CSVファイルとは、CommaSeparatedValuesと呼ばれ、カンマで区切ったデータが出力されたファイルのことをいいます。

実際にデータテーブルに格納したのが、下のコードになります。

データグリッドビューに反映させる

作成したデータテーブルをデータグリッドビューに設定し、表を作成していきます。

まず、データグリッドビューにデータテーブルを設定するには、

データグリッドビュークラスのDataSourceメソッドを使います。

<使い方>

データグリッドビュー.DataSource = “追加したいデータ”

設定したのが下のコードになります。※抜粋しています。

これで設定は完了です。

早速、プログラムを実行してみましょう。

ボタンを押すと、データグリッドビューに設定したデータテーブルの内容が表示されます。

これでデータグリッドビューに表示することができました。

まとめ

データグリッドビューには、データを表示してくれる役割があります。

データグリッドビュー.DataSourceに表示したいデータを代入してあげます。

DataSourceにデータを代入することで、

データグリッドビューにデータを表示することができます。

今回は簡単にデータグリッドビューへデータを表示する方法を紹介しました。

ご覧いただきありがとうございます。

・こちらの書籍を参考にVB.Net勉強しています。

スポンサーリンク