海で捕まえたヤドカリを飼育してみた~【リョクちゃの生物飼育】~

どうも!リョクちゃです。

今回は、海で捕まえてきたヤドカリを飼育するにはどうしたらいいか

悪戦苦闘しながらも環境を構築し、飼育できるまでに至ったので紹介していこうと思います。

ヤドカリ……なぜか海に行くと、

子供たちが拾っては飼いたい!!といわれた経験はありませんか?

泣く泣く連れ(持ち)帰ったはいいけどどうすればいいんだろうって

なられたのではないでしょうか。

本記事では、連れ帰ったヤドカリを飼育する環境を構築していきます。

これだけはやってはいけないこと!!

最初に、これだけは伝えておきます。

ヤドカリといえど、海に住んでいるヤドカリはペットショップで、

一般的にペットとして販売されているオカヤドカリとは違います

オカヤドカリは陸棲のヤドカリで、逆に水が苦手です。

一方で海に住んでいるヤドカリは水(海水)がないとダメです。

また、海水も単に食塩で作った海水に入れるのは基本的にはダメです。

塩分濃度を海水と同じ濃度に合わせて作ることもできるのですが、

軽量しながらは難しい上、後々の調整が大変です。

連れ帰る際には

もしヤドカリを連れ帰る際は、まずは住んでいたところの海水をペットボトル(1.5~2L)の2本分入れて、様子を見てください。

そして、ペットショップへ行って、人工海水の素を買って自宅で海水を作り、

慣れさせていきましょう。

ヤドカリはわりとある程度の水質の変化には強いので大きく変化がない限りは生きられます。

海に住んでいるヤドカリ(水棲ヤドカリ)

海にいるヤドカリは種類が豊富で、海水浴場などでよく見かけるのは

「ホンヤドカリ」になります。ホンヤドカリにも種類が多く、

「ヨモギホンヤドカリ」や「ユビナガホンヤドカリ」がよく見かけるかもしれません。

これはヨモギホンヤドカリ?……かもしれないです。

水棲ヤドカリは、陸に上がっているところを我々はよく目にするかと思います。

そのため、海水無しでも生きられるんだと勘違いしてしまいがちですが、

海水は必要です。

飼育環境の構築

さて、ここからヤドカリを飼育する環境を構築していきます。

筆者は、まず持ち帰ったヤドカリは一旦はプラケースに入れておき、

後日飼育ケースを購入しました。

スポンサーリンク




水槽

その際に購入したのが、こちら

ヤドカリのサイズも小さく、少数だったので広さには問題なかったです。

LegLass 30cm水槽になります。

ソイル

水槽だけだと、生息していた環境には近づけられないので、

ソイル(底に敷く砂)も購入しました。

ヤドカリが住んでいた砂のサイズと同等のソイルにしました。

GEX AQUA SAND 水洗い不要の天然砂(ナチュラルパウダー)

水洗いが不要なので使いやすいです。

また、ヤドカリは雑食性なので、砂があることで”デトリタス”と呼ばれるプランクトンの死骸などの有機物も食べるので、あると尚、良しです。

人工海水の素

この他に忘れてはいけないのが、人工海水の素です!

これは、こちらを使用しました。

マツダ ニューマリンネット

500mlのペットボトルに対して1袋入れるだけで簡単に人工海水が作れてしまう代物です。

パッケージが可愛いのが特徴的で、1個に4袋入っています。

頻繁に海水の入れ替えをしない且つ水量も少なくて問題ない場合にはお手頃です。

カルキ抜きも不要なので、水道水を500mlのペットボトルに入れて

規模が大きくなる場合は、これではなく、大容量の人工海水の素がいいかもしれません。

これとか、

マリンソルト、こちらもカルキ抜き不要ですぐに使えるのと、

安定して長期的に使うのであれば用意しておいてもありです。

別途、これを使う上では、比重計もあると調整が楽にできます!

※グラム計で調整はおススメしません、個人的に安定しなかったです。。。

テトラ 海水用の比重計です。

エアレーション

これも忘れがちなのですが、生き物には酸素が必要なので、

水槽の中に住ませてあげるヤドカリにも酸素を供給してあげる必要があります。

これが種類が多くて、悩んでしまうのですが、筆者はこれを使いました!

GEXが出しているエアーポンプで水深50cm以下・幅120cm水槽以下に対応しています。

これとセットで使ったのが、このエアストーンとエアチューブになります。

エアストーン

エアチューブ

使い方としては、以下の感じになります。

これで、水槽内に酸素を供給でき、生き物の酸欠を防止できます。

ヤドカリの餌

あと忘れてはいけないのが、餌です。生息域だと、餌は豊富にあるのですが

いざ家で飼育となると餌の用意ができず、餓死してしまうといったケースもあります。

ペットショップにはヤドカリ用の餌というのはないんですが、

ザリガニ用の餌であれば、ヤドカリも食べてくれます。

食性が似ているのもあり、ちゃんと食べます。

その中でも、キョーリンが出している餌がおススメです。


他にも、こんなのがあります。

ヤドカリのお家

あと、ヤドカリは大きくなるにつれて自分の背負っている殻(お家)を変えていきます。

その際に、殻がないとヤドカリの引っ越し先がなく、

場合によっては殻を出た時に外敵に襲われてしまいます。

そんな時に使えるのが、以下の殻になります。

ヤドカリによってサイズがバラバラなのですが、ネットでは各種サイズ取り揃えているので、

ヤドカリに合わせた殻を選んであげて下さい。

これらがあれば、お家でヤドカリの飼育はできるはずです!

あとは定期的に、水槽内の掃除をしたり、水の入れ替えを実施してあげてください。

ヤドカリは雑食性なので、時には”わかめ”などの海藻や野菜をあげてみて下さい。

食べる姿を見るのはかわいらしくて、いいですよ。

まとめ

今回は海で連れ帰ったヤドカリを飼育するにはどうしたらいいか、

飼育環境の構築について紹介していきました。

連れ帰った際にの一時的な処置には、ヤドカリが生息していた海水を

ペットボトルに入れて一緒に持ち帰ってあげて下さい。

その後、ペットショップで人工海水の素を買って、海水を作りましょう。

後は、飼育環境の構築をしていってあげて下さい。

そうすることで長期的な飼育ができるかと思います。

飼育するには責任をもって!

せっかくなのでヤドカリの観察をして、彼らの生態を理解してみるのも楽しいですよ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク