【VB.Net】文法のお話~制御構文~

どうも!リョクちゃです。

今回はVB.Netの文法、中でも制御構文について簡単に理解を深めていきます。

VB.Netでは主な制御構文は以下の通りです。

  • 条件分岐   → If文
  • 条件分岐   → Select~Case文
  • 繰り返し処理 → For文
  • 繰り返し処理 → For~Each文
  • 繰り返し処理 → Do~While文
  • 繰り返し処理 → While文

これらについて、書き方や使い方を紹介していきます。

ちなみに前回はこちら。

VB.Netにおけるメソッド(関数)やプロシージャについて違いや書き方などを紹介しています。



スポンサーリンク




条件分岐 : If文

条件分岐を記述するときに使用する、If文には3種類あります。

  • If文
  • If~ElseIf文
  • If~Else文

それぞれ

IF:<基本構文>

If~Else : <基本構文>

If~Else : <基本構文>

これらが基本の形になります。

条件式には何を書く?

たとえば、左辺と右辺の値が等しいときに処理がしたい場合は、
下のように書けます。

If文中の条件式に注目してください。
a = bと書かれています。これはaとbが等しいかどうかを表しています。
この”=”(イコール)を比較演算子と呼びます。

条件式では左辺と右辺の判定を比較演算子や論理演算子と呼ばれる演算子を
用いて書いていきます。

下に主に使う演算子を載せておきますので必要に応じて使ってみてください。

主な条件式で使われる演算子一覧

No演算子使い方内容
1=a = baとbが等しい
2<a < bbよりaが小さい
3>a > bbよりaが大きい
4<=a <= ba以下b
5>=a >= ba以上b
6<>a <> baとbが等しくない
7Anda = b And c = daとbが等しく
且つ
cとdが等しい
8Ora = b Or c = daとbが等しい
もしくは
cとdが等しいとき
9NotNot( a > b)bよりaが大きくない

条件分岐 : Select ~ Case文

形は、If~ElseIfのように複数の条件に対応して処理が分岐する場合と似ています。
条件が複数になる場合、5個以上のときにはIf~ElseIf文で記述するよりも、
Select~Case文の方が簡潔に記述ができます。
これは可読性の向上にもつながるのでぜひ覚えておきましょう。

Select~Case : <基本構文>

例を交えて書くと下のようにになります。
例) 変数aに任意の値が代入されます。
この値が整数10より”大きい”か”小さい”か出力してください。
※同じ場合は、”同じ”と出力してください。

繰り返し処理 : For文

特定の回数だけ処理を繰り返すのがFor文になります。

For : <基本構文>

例えば、1から5までを1ごとに繰り返す場合は下のように書くことができます。

繰り返し処理 : For Each文

コレクション内の全てのオブジェクトに同じ処理を実行します。
※ コレクションは、配列やリストなどを指します。

For Each : <基本構文>

VBで配列やリストは、

  • Dim a As String()
  • Dim lstA As List(Of String)

と書くことができます。

配列の場合は、下のように書くことができます。

繰り返し処理 : Do~While文

条件が真偽に問わず処理を必ず1度だけ実行します。
その後、条件が真の間は処理を実行します。

Do~While : <基本構文>

繰り返し処理 : While文

Do~While文と違って、必ず1度だけの実行はありません。
条件が真であれば処理の実行をします。

While : <基本構文>

ちなみに、条件式にTrueを設定すると無限ループになってしまうので、
コードに書く場合は、気を付けてください。

おわりに

Vb.Netではほかの言語と違って、わりと制御構文の種類が多いです。
必要に応じて使い分けていけるよう、ここで理解を深めていただけたらなと思います。

・こちらの書籍を参考にVB.Net勉強しています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク