【2DCAD】L字ブラケットの展開図の書き方~曲げられてる図面の展開方法教えます。~

どうも!リョクちゃです。

今回は、知っているようで意外と知らないL字ブラケットの展開図の書き方を

2次元Cad(2D-Cad)を使って紹介していきます。

L字ブラケットって何って思われた方、下図がL字ブラケットです。

ホームセンターなどでよく見かけませんか?

ちなみに前回はこんな記事を書いてました。

(毛色が違いますが……)

今回ちょっと癖のあるおいしい塩を発見したので紹介してきます。普段の料理にちょっとした変化が欲しい人、調味料を変えて料理を楽しみたい人に筆者が個人的にオススメできる塩です。

今回使う2D-Cad

筆者が使用している2D-Cadはフリー版の鍋Cadと呼ばれるCadを使用しています。

このCadとの出会いは、学生時代に所属していた部活動ででした。

それから2D-Cadはずっと鍋Cadを使用しています。

鍋Cad

起動時の画面がこちらです。

最初にL字ブラケットの正面図と側面図を用意

では早速、鍋Cadを使ったL字ブラケットの展開図の書き方を紹介していきます。

おそらくほかの2D-Cadでも似たような機能があればできるので、問題ないと思います。

鍋Cadの使い方は、また別途簡単にかいつまんで記事にしていきます。

下図のようなL字ブラケットの正面図と側面図を書きます。

ちなみに正面図に書かれている赤枠で囲まれている線

これは正面から見た時に、この線で外側に曲がっているよと表しています。

内側に曲がっている場合は、隠れ線を用いて表します。

作成した側面図に対してR取を行う

R取:角を滑らかにする。

R取は曲げ位置を付けるうえで重要。

下図の赤枠で囲んだ部分に対して、R取を行っていきます。

R取を行う箇所は、内側の角と外側の角になります。

R取を行うには、下図のようにします。

内側のRは板厚分をパラメータに設定し、R取をします。

外側のRは板厚分×2をパラメータに設定し、R取をします。

同様に内側と同じようにR取をしてみます。

R取ができました。

Rに対して板厚の半分の長さのオフセットを取る

次に曲げ位置を導き出すために、先ほど取った内側のRに対して、

オフセットを板厚の半分の長さで取ります。

まずはオフセットを選択します。

オフセット量には1を入力します。

黄色く表示されたら内側でクリックし、オフセットを取ります。

オフセットが取れました。

弧長を計測する

先ほど取ったオフセットの線に対して、弧長計測をします。

解析タブの要素解析をクリックします。

対象は、オフセットを取った線を選択します。

選択すると、CADの情報タブに表示されます。

弧長のパラメータを忘れずに覚えておきましょう。

計測した弧長こそが曲げ位置の際に重要なパラメータとなります。

弧長の長さを2で割り、2回オフセットする

先ほど計測した弧長のパラメータを2で割ります

今回ですと、4.71239 ÷ 2 = 2.35620

下図赤い線を起点に、2回、2.35620でオフセットを取ります。

この赤い線の左側でオフセットを取ります。

わかりやすいように、線の種類を変えています。

正面図の一部を切取り、反映させる

オフセットを2回取ったので、次に正面図の一部を切取り、

2回目のオフセット位置で回転させ、貼り付けます。

回転させるには、まず回転させたい対象を選択します。

これには”トラップ変更”を選択し、各種線を選択します。

ピンク色で表示されている線が選択された線になります。

この線を対象にまずは、2回目のオフセット線まで移動します。

移動タブの基準移動を選択し、位置を選択し、2回目オフセットまで移動させています。

この状態で、次に回転移動をさせます。

赤丸のポイントを起点に回転移動をします。角度は90°で行います。

回転出来たら、位置の調整を行います。

Aの線を基準に2回目オフセット線まで移動させます。

下図のような状態にします。

最後に、オフセットで取った線を正面図の端まで伸ばしてやります。

“これ”と書かれた線こそが、曲げはじめ線、曲げ位置になります

曲げる機械にセットする際は、これと書かれた線位置でセットし、

曲げることで寸法通りに曲げることができます。

※多少の誤差はありますが。。。

まとめ

2D-Cadを使って、L字ブラケットの展開図の書き方を紹介しました。

2D-Cadにもよりますが、だいたいは同じ書き方で出来るのではないかと思います。

気になる方は今回使った鍋Cadを使ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

機構とかアイデア出しにいい本がありますよ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク