低迷した時の自分探し方法

日々、生活していく中で自分が何をしたかったのかと思うことはないだろうか?

そんなとき、自分を見返す振り返る“いいきっかけになる。

なぜならば、私が今そのような状況だからである。
今回、私が実践している低迷した時に自分が本当は何をしたいのかを
振り返えり、新たに目標を定め、やることを見つけていく方法を紹介する。

スポンサーリンク




① 自分のやりたいこと等をA4用紙1枚に箇条書きで書いていく

A4用紙1枚に箇条書きでやりたいことを書いていこう。
ここで一つに絞るとか考えなくてよいと思う。
さすれば、自分の本当にしたかったことが見えてくる。
イメージを下図に載せる。

1つ書くごとに空白をあけておくといい。

② ①について、なぜしたいのか5個列挙してみよう。

①で思う存分やりたかったこと等を書いたなら、”なぜ、それをやりたいのか?”と問うてみよう。
項目に対して5個以上、やりたい理由があればベストだ。
ここで本当にやりたいこと、やらなくてもいいことの取捨ができる。
5個も理由が出ない項目については、今の自分には少なからず本当にやりたいことではないのだと、
切り捨てるのも大事。
イメージを下図に載せる。

ざっくりイメージ、内容が重複しても問題ない。
※筆者は、Youtuberは目指していません、あくまで参考に。

③ ②で絞れたなら、目標や道のりを定めよう。

②で、5個以上出た項目をピックアップすると、参考のイメージ図からは
 ・ Youtuberデビュー
 ・ 資格を取りたい
この2つが、今の自分にとって本当にやりたいことなのだと見えてくる。
2つの項目に対して、今度はどうやっていくか道のりと目標を定めてみよう。 
例えば、5年後に人類を救うヒーローになるための第1歩を踏み出すとか。
10年後に起業して、新たなジャンルのビジネスモデルを生み出すなどでも何でもいい。

おわりに

自分は、今回紹介したような振り返り、自身の人生の”リプランニング“と呼んでいる
生きていると、ふと何をしていいか、何がしたかったのかわからなくなるときがある。
これは、今まで目標があって自分なりの軸をもっていたけども、
いつしか多忙やストレスで消えかかっているからだと思っている。
この軸が完全に消えてしまうと、スランプや自分を見失いことになってしまうと私は考えている。
そうならないように、このリプランニングを行うことで少しでも自分を保てることができればうれしく思う。

最後に、自分を見失わないためにも軸や野望をもってほしいな。
これがあるだけでだいぶ生き方や世界の見え方が変わってくる。
自身の人生をリプランニングし振り返ることで
いままで見えてこなかったことが見えてくることを願う。

スポンサーリンク